七五三

Share |

七五三とは?

11月15日に3歳と5歳の男児(地方によっては5歳のみ)、3歳と7歳の女児が氏神様にお参りします。

七五三のはじまり

江戸中期、呉服屋がこの3つの行事を商業政策として取り入れ、1つにまとめ、江戸の町で宣伝しました。
これが今日の七五三の原型だと言われています。一般市民に定着したのは、明治以降です。

なぜに11月15日なの?

11月15日は、この日は鬼がいえにいる日(鬼宿日)で最良の日といわれています。

三歳「髪置き」のお祝い

昔、子供は三歳までは神様からのお預かり物とされ、無事三歳を迎え晴れて我が子となったら、
それまで剃り上げていた髪を伸ばし始めます。
これを「髪置き」の儀式としてお祝いしたのがはじまりだと考えられています。

五歳「着袴の儀」のお祝い

男の子はこの年に初めて袴をつけることになっていました。
これを「着袴の儀」と言います。
この日を境に社会の中で一人前と認められるようにあらゆる努力を初めることになります。

七歳「帯解き」のお祝い

女の子はこの年に初めて着物の付紐を取って、一人前の着付をすることになります。
これを「帯解きの儀」と言います。彼女達はこの日を境に花嫁修行に励む事になります。
従来七五三は、数え年で祝うしきたりですが、最近では満年齢で祝う方も増えています。

正装

3歳の女子は肩揚げをした着物に、帯を結ばず「被布〔ひふ〕」という朱赤のベストのようなものを羽織ります。
3歳、5歳の男子は紋つき羽織に仙台平〔せんだいひら〕の袴、7歳の女子は揚げをした本裁ちの着物にかかえ帯です。

お祝い事TOPへ

PAGETOP