ホーム » ママ情報 » お祝い事一覧 » お食い初め

お食い初め

Share |

お食い初めとは?

お食い初めとは、「箸初め」「箸揃え」「真名〔まな〕初め」「百日〔ももか〕」などといい、
生後100日目か200日目(地方によっては110日目)にこどもに初めてご飯を食べさせる祝いの行事です。
現在では生後100~110日目または120日目というのが多い。
赤ちゃんに大人と同じ様な1人前のお膳をつけて、初めてご飯を食べさせるまねをする行事。
子供が一生食べ物に困らないようにとの願いを込めておこなわれます。

膳の内容

膳の内容は一汁三菜が基本です。  
☆赤飯  
☆お吸物(実には鯛か鯉)  
☆尾頭付きの焼魚(金頭(かながしら)(ホウボウ科の魚でめでたいときに使う))  
☆煮物
☆香の物 
☆小石(丈夫な歯が生えるようにと願い歯茎でかませる真似をする) 
☆梅干し(日本の国で最初に花が咲き、実をつける木という縁起物)
☆箸(柳の白木)※1
☆椀皿(土器(かわらけ))※1
※1 全て新しい物を新調する事。

食べさせ方(順序)

赤ちゃんはまだご飯や焼き魚を食べられませんので、あくまでも食べさせるまねをします。
お食い初めの儀式としては「養い親」が赤ちゃんを膝に抱いて箸をとり、食べさせるまねをします。
養い親はふつう、祖父母や親戚の中で長寿の人で、男児は男性、女児は女性に頼みます。
ご飯→汁→ご飯→魚→ご飯→汁という順序で赤ちゃんの口につけ、それを三回繰り返し、箸を収め、
家族で祝いの膳につくのが正式な順序になっています。

お祝い事TOPへ

PAGETOP