ホーム » ママ情報 » お祝い事一覧 » 初節句(5月5日・端午の節句)

初節句(5月5日・端午の節句)

Share |

端午(たんご)の節句の始まり

日本の端午の節句は、奈良時代から続く古い行事です。
端午というのは、もとは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、5月に限ったものではありませんでした。
しかし、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったとも伝えられます。

どんなことを願うの?

赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを願う行事です。

柏餅をなぜ食べるの?

柏の木の古い葉は、新芽が育つまで枯れないので、「子孫繁栄の縁起が良い葉」と江戸時代から必ず用いられておりました。
柏餅を包む手つきが、神前でかしわ手を打つ姿に似ており、武運を祈願する端午の節句にふさわしいと言う意味もあります。

五月飾りはいつ飾るの?

一般的に一夜飾りは良くない とされていますが、届いたらお早めに、お節句の10~20日前に飾って初節句の用意をしましょう。
五月飾りは、早く飾って早くしまうというような特別ないわれは特にありません。
飾る時期は、地方によりさまざまですが、一般 に春彼岸があければよい、とされます。

お祝い事TOPへ

PAGETOP