ホーム » ママ情報 » お祝い事一覧 » 初節句(3月3日・桃の節句)

初節句(3月3日・桃の節句)

Share |

桃の節句の由来

桃の節句の起原は大変古く、平安時代に遡り、昔の日本には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)がありました。
当時この行事は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事でした。
高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「上巳(じょうし)の節句」が後に「桃の節句」となり、庶民の間にも定着して行ったお祝いで、赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを願う行事となったのです。

どんな行事なの?

初節句のひな祭りは、身のけがれを祓う災厄除けの行事です。
お雛さまは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神です。

雛人形はいつ飾るの?いつしまうの?

雛人形は早く飾って早くしまうとされていて、立春(二月四日)頃から二月中旬にかけて飾り、
仕舞う時期は、3月3日が過ぎたら、早めにとしています。
お祝い事TOPへ

PAGETOP