ホーム » ママ情報 » 注射の種類 » ポリオ(急性灰白髄炎)予防接種

ポリオ(急性灰白髄炎)予防接種

Share |
注射の種類 BCG 予防接種 ★ポリオ 予防接種 三種混合 予防接種 麻疹 予防接種
風疹 予防接種 日本脳炎 予防接種 おたふくかぜ 水ぼうそう インフルエンザ 予防接種
B型肝炎 予防接種副作用について

病気の説明

「小児マヒ」と呼ばれ、わが国でも1960年代前半までは流行を繰り返していましたが、
現在は、予防接種の効果で国内の自然感染は報告されていません。
しかし、現在でも、インド、アフリカなどではポリオの流行がありますから、
これらの地域で日本人がポリオに感染したり、日本にポリオウイルスが入ってくる可能性があります。

ポリオワクチン(経口生ワクチン)

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型の3つのタイプのポリオワクチンウイルスが混ざっています。
飲むことによりそれぞれの型に対する抵抗力(免疫)ができます。
しかし、1回飲むだけでは1つか2つの型だけに対する抵抗力(免疫)しかできないこともありますので、
2回飲むこと(1回目と2回目の接種の間隔には6週間以上の間隔が必要です。)により1回目に抵抗力(免疫)が
できなかった型に対する抵抗力(免疫)ができて予防体制ができ上がります。

副反応

ワクチンに使われているウイルスは弱毒化されており安全ですが、服用後体内で増えますので、450万人以上の投与に
1人程度のきわめてまれな頻度ですが、ウイルスが脳骨髄に達して麻痺を生ずることがあります。

参照「予防接種と子どもの健康」予防接種ガイドライン等検討委員会より
予防注射TOPへ

PAGETOP