ホーム » ママ情報 » 注射の種類 » 麻疹 予防接種

麻疹 予防接種

Share |
注射の種類 BCG 予防接種 ポリオ 予防接種 三種混合 予防接種 ★麻疹 予防接種
風疹 予防接種 日本脳炎 予防接種 おたふくかぜ 水ぼうそう インフルエンザ 予防接種
B型肝炎 予防接種副作用について

病気の説明

麻しんのウイルスは空気感染によって起こります。
感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。
発熱、せき、鼻汁、めやに、発疹を主症状とします。最初3~4日間は38℃前後の熱で、
一時おさまりかけたかと思うとまた39~40℃の高熱と発疹が出てきます。
高熱は3~4日で解熱し、次第に発疹も消失します。しばらく色素沈着が残ります。

麻しん(はしか)ワクチン(生ワクチン)

麻しんウイルスを弱毒化してつくったワクチンです。
1歳から2歳の間に麻しんにかかる子どもが多くなっていますので、1歳になったらすぐに予防接種を受けるように努めましょう。

副反応

麻しんワクチンは生ワクチンのため、ウイルスが体内で増え、
接種後5~14日までに、5.3%に37.5℃以上38.4℃未満の発熱、
8.1%に38.5度以上の発熱、5.9%に麻しん様の発疹が認められます。
通常では1~2日で消失します。

予防接種TOPへ

PAGETOP