ホーム » ママ情報 » 注射の種類 » 水ぼうそう

水ぼうそう

Share |
注射の種類 BCG 予防接種 ポリオ 予防接種 三種混合 予防接種 麻疹 予防接種
風疹 予防接種 日本脳炎 予防接種 おたふくかぜ ★水ぼうそう インフルエンザ 予防接種
B型肝炎 予防接種副作用について

病気の説明

水ぼうそうは、水痘ウイルスの感染で起こります。
潜伏期間が約2週間あり、その後、かゆみを伴う小さな赤い水ぶくれが全身にあらわれます。
水ぶくれがかさぶたたになり、1~2週間でかさぶたか取れ、完治します。
発熱したり、かさぶたのあとが残ることもあります。

生ワクチン

水ぼうそうの予防接種は、水痘ウイルスの毒性を弱めた生ワクチンを注射します。

病気の危険性

水ぼうそうは、健康な子どもがかかった場合には、普通にたち打ちできる病気ですが、白血病や腎臓病などで免疫が
低下している子どもががかかると、重症になってしまうことがあります。

副反応について

副反応はほとんど見られません。
予防接種TOPへ

PAGETOP