BCG

Share |
注射の種類 ★BCG 予防接種 ポリオ 予防接種 三種混合 予防接種 麻疹 予防接種
風疹 予防接種 日本脳炎 予防接種 おたふくかぜ 水ぼうそう インフルエンザ 予防接種
B型肝炎 予防接種副作用について

病気の説明

結核菌の感染で起こります。
わが国の結核患者はかなり減少しましたが、まだ3万人を超える患者が毎年発生しており、大人から子供へ感染することも少なくありません。
乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いので、全身性の結核症にかかったり、結核性髄膜炎になることもあり、重い後遺症を残す可能性があります。

BCGワクチン(生ワクチン)

BCGは牛型結核菌を弱毒化してつくったワクチンです。
BCGの接種方法は、管針法といってスタンプ方式で上腕の2ヶ所に押し付けて接種します。
それ以外の場所に接種するとケロイドなどの副反応が出ることがありますので、絶対に避けなければなりません。
接種したところは、日陰で乾燥させてください。10分程度で乾きます。

副反応

接種後10日頃に接種局所にポツポツができ、一部に小さいうみができることがあります。
この反応は、接種後4週間頃に最も強くなりますが、その後は、かさぶたができて接種後3カ月までにはなおり、小さな傷跡が残るだけになります。

予防注射TOPへ

PAGETOP