ホーム » ママ情報 » 9~10ヶ月目のお世話

9~10ヶ月目のお世話

Share |
0~1ヶ月 1~2ヶ月 2~3ヶ月 3~4ヶ月 4~5ヶ月 5~6ヶ月
6~7ヶ月 7~8ヶ月 8~9ヶ月 ★9~10ヶ月 10~11ヶ月 11~12ヶ月

他の子と比較しないで

これくらいの月日が過ぎママ友の間では、色々な自慢話が始まると思います。
「ウチのA君は、5ヶ月でハイハイを始めた。」「友達のBちゃんは10ヶ月で歩き始めた。」
こんな話を聞くと、9ヶ月になってもハイハイもまだ上手に出来ない子供を持つママは、焦ってしまうかもしれません。
首すわりが完成する時期に関しては、4ヶ月~5ヶ月と幅が狭いのですが、寝返りやハイハイ、
つかまり立ちなどは出来るようになる月齢が幅広いので、歩き始めたのが1歳半だったとしても、
大きくなって運動神経がにぶくなるというわけでもありません。あまり周囲と比較をして、焦り過ぎないことです。

つかまりだち

ソファや椅子などにつかまって、つかまり立ちができるようになります。
最初はママが何かにつかまらせて立たせると、寄りかかって立つだけですが、
しだいにハイハイの姿勢から、自分1人でつかまり立ちをするでしょう。
中には、ハイハイをしないで、いきなり立ってしまう赤ちゃんもいます。
自分で立ったとはいえ、まだまだ不安定で、すぐにドシンとしりもちをつくことも。
赤ちゃんが遊んでいる場所にはマットを敷いておくと、転んだときにクッションになるので安心ですね。

まねっこ

少しずつ言葉の意味もわかってくるころで、ママの動作をまねしはじめます。
赤ちゃんと遊ぶときは「おいで、おいで」「こっちだよ」「頂戴!」「ばいばい!」など、たくさん語りかけるといいですね。
大人の話している言葉を一生懸命まねしようとします。たくさん話しかけたり、絵本をよんであげましょう!

離乳食の回数

このころの離乳食は、朝・昼・夜の3回食になります。
必要な栄養の60~70%をとるようになるので、栄養のバランスがとれるメニューを考えるようにしましょう。
赤ちゃんは豆腐程度のかたさのものなら、唇を閉じて口を動かし、モグモグと食べられるようになっています。
この時期では、バナナくらいのかたさのものを、歯ぐきでつぶして食べる練習させるとよいでしょう。
ママが指でつぶそうとしたとき、ちょっと力を入れるとつぶれるくらいのかたさが目安。
☆離乳食を食べないからと悩まないで
他の子に比べて離乳食をあまり食べない、体つきが小さいといったことで悩むママもいるようですすが、あまり悩まないように。
規則正しい生活をしていて、なおかつ食事の量が少ないのであれば、それは生まれつき小食の子ということ。
その子なりに体重が増えて、元気であれば気にしなくても問題ないことが多いです。

ママTOPへ

PAGETOP