ホーム » ママ情報 » 0~1ヶ月目のお世話

0~1ヶ月目のお世話

Share |
★0~1ヶ月 1~2ヶ月 2~3ヶ月 3~4ヶ月 4~5ヶ月 5~6ヶ月
6~7ヶ月 7~8ヶ月 8~9ヶ月 9~10ヶ月 10~11ヶ月 11~12ヶ月

育児スタート

生まれたばかりの赤ちゃんを「新生児」と呼びます。
「新生児」と呼ぶのは、狭い意味では生まれたての1週間を、広い意味では生後1ヶ月までです。
初めての出産をしたママもわかないことだらけでドキドキしながらの育児スタートですね。
なにかと「何をどうすれば?何すればいいの?」がいっぱいでしょう。
新ママのための育児サポート情報をまとめて行きたいと思います☆

赤ちゃんのお部屋の環境

病院では、室内の温度など気を配らなくても快適に保たれていましたが、退院してからは、
お部屋の環境もパパやママが配慮してあげましょう。
とくに、皮下脂肪の発達が悪く、温度中枢の働きの未熟な新生児は、体温調節がうまくいきません。
部屋の温度に気をつけましょう。

新生児黄疸について知っておきましょう

生まれたばかりの赤ちゃんは、赤みをおびた顔ですが徐々に赤ちゃんの肌が黄色味を帯びてくることがあります。
これを新生児黄疸と呼びます。
新生児黄疸は時期によって早発黄疸、生理的黄疸、遷延性黄疸、の3つに分けられます。
早発黄疸は生後24時間以内に見られる黄疸
生理的黄疸は生後2日~2週間程度に見られる黄疸
遷延性黄疸は生後2週間以上見られる黄疸

新生児黄疸は生理的な現象で、胎児のときに活躍した赤血球がこわれ、
分解して出来たビリルビンという黄色い物質が増えるから、外見上も黄色く見えるのです。

脂漏性湿疹と乳児湿疹について

この時期には、眉毛や頭髪の中に皮脂腺の目詰まりによる黄色い湿疹が出来やすい時期です。
赤ちゃんのさかんな新陳代謝による分泌物がたまって出来る物で、これを「脂漏性湿疹」と呼びます。
汗っかきの赤ちゃんに多く、顔にもポツポツした湿疹ができやすくなり、これを「乳児湿疹」と呼びます。

授乳

あかちゃんは満腹感がまだ、わからない時期ですので、欲しがるだけあたえましょう。
おなかがすいていなくても、口に触れるものを反射的にすってしまいます。
ママも、いつあげていいのかこまるかもしれませんが、泣いたらとにかくすわせましょう。
ほしがるときにあげていることで、しだいにそのこ授乳のリズムができてくるでしょう。

赤ちゃんの睡眠

1日3分の2は眠っています。2~4時間ごとにおき、昼夜の区別がつきません。
ママは大変ですが、自分の子はこうなんだ~と、つきあってあげてくださいね。
寝不足になってしまうかもしれませんが、頑張ってください。

泣いて会話

赤ちゃんは泣くことで、意思表示しています。最初は何で泣いているのかわからないと思いますが、
お腹がすいた。おしっこが出た。うんちが出た。・・・est
と不思議とだんだん、なんで泣いているかわかるようになってきます。
すべて泣くことによって、ママに意思を伝えているので、嫌がらずに聞いてあげましょうね。

ママTOPへ

PAGETOP