ホーム » ママ情報 » 医療費控除

医療費控除

Share |

医療控除とはなんですか?

医療費控除とは、家族全員の医療費を申告することで税金が戻ってくる制度です。
妊娠中の健診代や出産のための入院費、通院交通費は全額自己負担ですから、出産した年はほとんどの家庭が医療費控除によってお金が戻ってきます。
ただし、申告するには証明として領収書が必要ですので大切に保管しておいてください。
また、戻ってくる金額が少なくても確定申告をすると、翌年の住民税が下がる可能性もあります。
※詳しいことは住居地管轄の税務署に尋ねてみてください

医療費控除対象

医療費控除の対象は、年収103万を超えている夫、妻が所得税を支払っていて、
家族全員の医療費が1年間(1月1日から12月31日)で10万円を超えた場合、超過分について軽減されます。
夫でも妻でも年収の高かった方が、支払った税金の額も高いので戻るお金も多いですが、どちらが申請しても問題ありません。

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)になります。
《実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額》-(2)の金額
(1) 保険金などで補てんされる金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注)保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、
引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

(2) 10万円
(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

申請時期

確定申告は、医療費のかさんだ翌年2月から3月に決められています。
万が一、その時期に申告を忘れていても5年間は受け付けてもらえます。

申請手続き

住んでいる地域を管轄する税務署へ、所得税を払っている人が申告します。
申請の際必要となってくるのが、前年度の源泉徴収票、確定申告申請書、かかった医療費の領収書です。

ママTOPへ

PAGETOP