ホーム » ママ情報 » 育児休業給付金

育児休業給付金

Share |

育児休業給付金とは

育児休業を取得しやすくするとともに、育児休業後の職場復帰を援助・促進するための給付です。
「育児休業給付」は雇用保険の雇用継続給付の1つです。
1歳未満の子を養育するための育児休業を取得する一般被保険者に対して給付金を支給する制度です。
一般被保険者には短時間労働被保険者を含みますので、短時間労働被保険者に該当するパートさんも制度の対象になります。

給付には2種類あります

A.育児休業基本給付金
育児休業期間中の各支給単位期間ごとに、原則として休業開始時賃金月額の30%相当額が、子が1歳に達する日(誕生日の前日)の前日まで支給されます。

【支給要件】支給を受けるためには、次の要件をすべて満たしていなければなりません。
(1)1歳未満の子を養育するために育児休業を取得した一般被保険者(短時間労働被保険者を含む)であること
(2)育児休業開始日前2年間に、賃金の支払いの基礎となった日数が11日以上の月が12ヵ月以上あること
(3)各支給単位期間(注)に、育児休業による休業日が20日以上あること
(4)各支給単位期間において、休業開始時賃金に比べて、80%未満の賃金で雇用されていること
(注)支給単位期間・・・休業開始日から翌月の休業開始日に応答する日の前日までの1ヵ月のこと。

もらえる額 = 休業前の給与の30% × 育休月数

B.育児休業者職場復帰給付金
【支給要件】育児休業終了後、その育児休業中の事業主(会社)に被保険者として引き続き6ヶ月間雇用された場合に1回で支給されます。

もらえる額 = 休業前の給与の20% × 育休月数

ママTOPへ

PAGETOP