ホーム » ママ情報 » 出産育児一時金

出産育児一時金

Share |

出産育児一時金はどうやって申請すれば良いでしょう?

ここでは、そのその受け取り方を明記しておきます。

出産育児一時金とは?

妊娠・出産は病気で病院にかかる場合と違って健康保険が使えないため、全額自己負担になります。
まとまった支出となる出産費用の一部をまかなってくれるのが、「出産育児一時金」です。

もらえる金額は?

健康保険に加入、または被扶養者になっていて、妊娠4カ月以上で出産した人は、
子供1人につき42万円(2009年10月よりアップ。うち3万円は産科医療補償制度の保険料)が受け取れます。
さらに双子なら2倍の84万円となります。
※出産育児一時金の請求用紙の証明欄に、担当医から多胎であることを記入してもらうことを忘れずに!
(子供の人数分の用紙が必要なこともあります)。
勤務先の健康保険や国民健康保険で、住んでいる自治体によっては「付加給付」がついて42万円+αが給付される場合もあります。
ちなみに、妊娠85日以上で死産や流産をした場合でも、この「出産育児一時金」の支給対象になります。

国民健康保険の場合

1.出産前に役所で請求用の書類をもらう(病院に置いてあることもあるので確認を)。

2.無事に赤ちゃんが誕生したら、「出産育児一時金」の請求用紙の証明欄に、
医師か助産師に必要事項を記入してもらいます(病院によっては手数料がかかる場合もあります)。
出産育児一時金の請求用紙に「医師・助産師または市区町村長が証明すること」とある場合には、
役所に出生届を出した後、役所で証明欄を記入してもらう手もあります。
その場合は、出生届を出す際にまとめて手続きをすれば、ムダがありません。
あらかじめ、証明書の記入者や手数料などを確認しておきましょう。

3.書類に必要事項を記入し終えたら、出生届とともに役所に提出。
その際には、国民健康保険証や母子手帳、振込先の銀行口座番号、印鑑を忘れずに。

健康保険の場合

1.出産前に、「出産育児一時金」または「家族出産育児一時金」の請求書類をもらっておきます。
「保険者」が「健康保険組合」であれば会社の総務などでもらえます。
「社会保険事務所」の場合は会社を管轄する社会保険事務所でもらいます。

2.無事に赤ちゃんが誕生したら、「出産育児一時金」の請求用紙の証明欄に、
医師か助産師に必要事項を記入してもらいます(病院によっては手数料がかかる場合もあります)。
出産育児一時金の請求用紙に「医師・助産師または市区町村長が証明すること」とある場合には、
役所に出生届を出した後、役所で証明欄を記入してもらう手もあります。
その場合は、出生届を出す際にまとめて手続きをすれば、ムダがありません。あらかじめ、
証明書の記入者や手数料などを確認しておきましょう。

3.出生届を出し、書類を埋めたら、会社の総務部(書類をもらったところ)または社会保険事務所に提出します。
郵送で受け付ける場合もあるので、用紙をもらう段階で確認しておきましょう。

ママTOPへ

PAGETOP