ホーム » ママ情報 » さらしの腹帯に挑戦

さらしの腹帯に挑戦

Share |

腹帯の風習

日本では昔から、妊娠5ヶ月に入った戌の日に安産を願って腹帯を巻く習慣があります。
なぜ「戌の日」に腹帯をつけるのかと言うと、犬は極めてお産が軽く、
一度にたくさんの子どもを産むことから、日本では犬を安産の守り神として愛されてきたからです。
その戌の日に子宝に恵まれたことに感謝し、また授かった子どもが健康に生まれてこられる様に祈祷をすると良いとされています。

腹帯の効果

「腹帯」には主に2つの効果があると言われています。

1つ目は「母体を冷えから守ること」です。腹帯を巻いていれば腹部の冷えを緩和することが出来ます。妊娠中の体は部位によって温度差が生じてしまう為、上半身は暑いくらいでも下半身(腰まわりなど)は比較的冷えている場合が少なくありません。冷えることは母体にも胎児にも好ましくありませんのでご注意を。

2つ目は「大きくなったおなかと胎児を保護すること」です。妊娠後期に差し掛かると、今まで目立たなかったおなかが、胎児の発育と共に徐々に大きく膨らみ始めます。個人差がありますので平気と言う方もいらっしゃいますが、中には大きなおなかを支えるのがつらいと言う方も。腹帯をつける事によって、うまく体のバランスを取れるようになり、更には大きなおなかや胎児に与えられる衝撃を緩和することも出来るわけです。

最近はガードルタイプや腹巻になったものもありますが、やはりさらしにはかなわないようです。
さらしの利点としては綿100パーセントですから、汗をよく吸収します。
また、巻き方の強さが調節でき、産後のウエストニッパーの代わりにもなります。
もちろん、あかちゃんのおむつとしても使用できます。
臨月に入ると急におなかが大きくなりますが、どの腹帯より一番安定させて支えてくれるのが、さらしです。

ママTOPへ

PAGETOP