ホーム » ママ情報 » カンガルーケアと母乳

カンガルーケアと母乳

Share |

~カンガルーケアとは~

赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触させながら保育する方法で、ママとあかちゃんの絆を深めるためのスキンシップです。そうすることによって、健全な心身の発達を促そうというもので、この方法がカンガルーの子育てに似ている事から、名づけられました。

~カンガルーケアのはじまり~

1979年コロンビアのボゴタで2人の小児科医師によって極低出生体重児を対象にはじめられた。保育器が不足した為、お母さんなどに自分の体温で赤ちゃんを温めてもらおうという処置をとってもらった。これによって沢山の結果を得ることができ、下記に示した物は代表的なものです。

・低出生体重児であっても、自律哺育が容易になった。

・ 感染源から隔離することができたことができたため、低体温、栄養不足、交差感染による死亡が激減した。

・ とくに極低出生体重児の生存率が著しく改善した。

・ 養育遺棄が少なくなった。

さらに、母子の愛着形成を促進するとともに、高度技術が引き起こす、過剰刺激から極低出生体重児を保護する目的でカンガルーケアの追試が行われました。その結果の代表的なものを下記に記載してあります。

・ 体温維持

・ 呼吸・循環系の安定

・ 赤ちゃんのストレス軽減に基づく余剰エネルギー消費の軽減

など、生理学的な意味が確立され、低出生体重児の保育にカンガルーケアが役立つ事が解明され、さらに心理学的な効果として、

・ カンガルーケア中は赤ちゃんの静睡眠が増し、NICU環境から受けるストレスからの癒しになる。

・ 母親にとっては、女性として母親としての喪失感や、早産となったために生じる罪悪感、傷つきが癒されるとともに、「我が子の母親は唯一、自分なのだ」ということを確認でき、自信を回復していく過程に役立つ

上記のようなことがわかったのです。このような裏付けのもとで、カンガルーケアは一方ではNICUの代替法として発展途上国に広まり、他方では母子心理発達の面から先進国に取り入れられるようになったのです。

~母乳とミルク~

☆母乳は赤ちゃんにとって最適☆
産後すぐから3〜5日くらいまで出る母乳を初乳と呼んでいるのですが、初乳には産まれたばかりの赤ちゃんに最適な栄養があるばかりでなく、赤ちゃんを病気から守ってくれる成分(免疫グロブリンA、ラクトフェリンが代表的)が多く含まれています。必ず吸わせるようにしましょう。初乳は1週間ぐらいすると、次第に普通の母乳の成分に変わっていきます。産後はできるだけ早い時期から母乳を吸わせるようにするのがいいでしょう。最近のミルクはいろいろ改良されていますが、やはり母乳にかなうものはないのが事実です。

☆母乳のよさ☆

1.赤ちゃんの成長に応じた成分をもっている

2.消化がよい

3. 病気に対する抵抗力ができる

4.アレルギーを起こしにくい

☆ミルクも悪くは無い?☆
母乳は赤ちゃんにとっていいものだけど、反対にママにかかる負担が、ミルクと比べて大きい部分もあるんです。たとえば、母乳はミルクに比べて消化されやすいので、かなり頻繁に授乳する必要があります。昼間は負担に感じなくても夜中に頻繁に起こされると、だんだん寝たいなぁと思うようになるはずです。ミルクと比べて飲んでいる量が分からない点もストレスに感じることがあります。

☆ミルクのよさ☆
1. 飲んだ量が分かる→必要な栄養が足りていることが分かる

2. 授乳間隔が長い

3・ お母さん以外の人が授乳できる

4.外出時、どこででも授乳出来る

5. お母さんが病気になったり、薬を飲んでいても授乳できる

もちろん一概にどちらと言うことはありませんが、母乳を飲ませることが赤ちゃんにとって抵抗力をもらったりと、良いことが多いのです。

ままTOPへ

PAGETOP