ホーム » ママ情報 » 医療処置について

医療処置について

Share |

お産の時の処置

分娩方法 分娩方法の説明
浣腸 産道がスムースに広がるよう、浣腸をして溜まっている便を出しておきます。陣痛の間隔が10分以内になったら行うことが多いようです。
導尿カテーテル 膀胱内に溜まったおしっこを、管を通して出す方法です。赤ちゃんが生まれる寸前に入れることが多く、シリコン製のやわらかい管を尿道に入れます。膀胱におしっこが溜まっていると微弱陣痛になったりするので、歩けるうちはどんどんトイレに行き排尿しましょう。
分娩監視装置によるチェック 陣痛の状態とおなかの赤ちゃんの心拍数を計る装置です。分娩第一期のとき、ママのおなかにつけます。
剃毛(ていもう) 赤ちゃんの感染症予防と会陰切開のときのママの感染症予防のために、陰部の毛を剃ります。分娩第二期に行うことが多いようです。
会陰切開 赤ちゃんの頭が出るとき、会陰部を広げるために少し切開します。局所麻酔をかけて行いますから、切開による痛みはありません。
産褥期の休憩 産後2時間はたいせつな産褥期。出血を防ぐため、ママは分娩室でゆっくり休みます。

出産直後の処置

分娩方法 分娩方法の説明
会陰縫合 胎盤や卵膜がすべてママの体から出たあと、切開した会陰部を縫合します。約10分程度で終わります。
子宮収縮剤 赤ちゃんが生まれた直後、胎盤を早くママの体から出し、出血を最小限にするために子宮収縮剤を注射します。
血圧の測定 お産のあと、子宮がしっかり収縮していないと血圧がさがりママの体への負担が大きくなりますので、血圧の測定はとても大事です。脈拍、呼吸数もチェックします。
導尿 膀胱におしっこが溜まっていると子宮収縮を妨げるので、導尿の処置をします。尿意を感じたらすぐに知らせましょう。

※ここに記された医療処置を、すべての医療施設で必ず施行するというわけではありません

ママTOPへ

PAGETOP