ホーム » ママ情報 » 妊娠中の美容

妊娠中の美容

Share |

いつまでも美しい容姿を保ちたい」という願望は当然、妊娠してお産を迎える女性にとっても共通のことですね。
妊娠出産により美容上の変化がある程度起きてしまう訳ですので、かえって関心も高く、過敏かもしれません。
妊娠中は母体の栄養であかちゃんはすくすく育ちます。
つまり、ママはその分の不足した栄養を補ったりして、注意をしなくてはなりません。

カルシュウム

特にカルシュウム不足にはきおつけなくてはなりません。
胎児はママのカルシウムを使って、自分の体を作っていってるのです。
ビタミン剤を使っても良いかも知れまっせんが、医師に相談すると良いでしょう。
カルシュウムが不足すると、どうしても虫歯になりやすいので、食後の歯磨き、寝る前の歯磨きは習慣にしましょう。

お肌について

ホルモンの影響から、メラニン色素が増加し、シミ、ソバカスが増えたり、
乳首やその周り、外陰部やわきの下などの皮膚の色が濃くなってきます。
メラニン色素の増加により日焼けしやすくなりますので、日焼け止めを塗ったり、
帽子をかぶるなどして、できるだけ紫外線をカットしてください。
お産がすむと徐々に治ってくることが多いのであまり気にしなくて良いのですが、
それだけではなく紫外線に対する過敏性も増えるようですのでできるかぎり、UVカットはしたほうがいいです。

妊娠線

妊娠すると皮下脂肪が増え、子宮の増大も加わり皮膚は急に引き伸ばされ、
妊娠中に急激な体重増加があると、妊娠線ができやすくなります。
体重が増えすぎるのは妊娠線のことだけでなく、ママ自身が出産の際にも大変になるので注意してください。
産後は色が白っぽくなり目立たなくなりますが消えてはくれません。
完全に予防することは困難ですがやはり体重のコントロールが重要です。
最近では専用のマッサージクリームも手に入れることができます。NECESSARYアロマをごらんください。

ママTOPへ

PAGETOP