ホーム » ママ情報 » 妊娠中の過ごし方

妊娠中の過ごし方

Share |

妊娠中の過ごし方ですが、時期によって、できること、していいこと、しておきたいこと、があります。
下記を参考に出来ることを考えて、出来ることを早めに色々やってしまいましょう☆

妊娠初期の1〜4ヶ月

妊娠初期の1〜4ヶ月はおなかもそんなに目立たないので、他人からわかりづらく、ついつい無理をして動き回ってしまうことあります。
個人差はありますが一番つわりもひどい時期で、症状も様々で、母体、胎児には食事は大切すので、自宅で考えて摂る様にしたいものです。
気分転換をして気分がいいときにしっかりと体力を回復させ、気分が悪いときは頑張らずにゆったりした気持ちで、休むのが一番効果的です。
どこか遠出をしたいと思いましたら、このころの時期がチャンスですね☆

妊娠中期の5〜7ヶ月

妊娠中期の5〜7ヶ月になると、つわりも治まって急に元気になります。
今まで動くのが大変だった分、マタニティ・ヨガや水泳、散歩など積極的に運動を取り入れていきたい時期です。
おなかは大きくなっていきますので、疲れたな・・・と感じたらすぐに休んで無理はしないようにしてください。
特におなかが張っているような感じがしたら、無理は禁物です。
このころから、おなかの赤ちゃんが動いているのを実感できます。

妊娠末期の8〜10ヶ月

妊娠末期の8〜10ヶ月はおなかがさらに大きく、重くなります。
少し歩いただけで息切れを起こしたり、トイレが近くなり、腰痛も出てきたりひどくなったりと大変な時期に入ります。
運動不足から体重が増えすぎたり、食事の偏りがなくても貧血になりやすい時期です。
動きまわれなくなる分、間食に走ってしまいがちですが、太りすぎに注意です
いつでも入院ができるように最低限の買い物はすませておいて、緊急時には頼めば誰にでもわかるように、入院グッズを準備しておいてください。

ママTOPへ

PAGETOP