ホーム » ダイエット情報 » ~☆ダイエットへの9ステップ☆~ » STEP7 【ご褒美を与える!】

STEP7 【ご褒美を与える!】

Share |

ご褒美を与える

これまでのSTEP1~6でやることは決まり、どうしたら良いか決まりましたね。
STEP7で次にやらなければいけないことは、日課をクリアーしたことに、自分へのご褒美を与えるということです。
馬鹿らしいとお思いでしょうが、極めて大事なことなんです!!

失敗者は初めのうち元気よく日課をこなしているのですが、日を追うごとにやる気がなくなり、そのうちやる気がなく
なってしまいます。これは、毎日やることに対して誰からも評価されないことや、評価の対象が、体重が減った時だ
けだからです。

実は、体重は日課を1日やったら0,2kg、5日で1kg平均的に痩せたりはしません。それは、少し考えれば当然の
ことなのですが、前の日の食事が遅いだけでも次の日の朝体重計にのる前に便が出ず、体重が増えてしまいます。
肉を食べれば、次の日に便ではなくその次の日まで体内に残ってしまうこともあります。
または、しょっぱいものを食べた次の日は体内の70%以上ある液体の塩分濃度を中和させるために体内に余分に
水分を溜め込みむくんだりします。このようなことが起これば、1日で1・2kgくらい当然増減します。
つまり体重だけを評価の対象としていれば、評価するどころか体重の増減に一喜一憂してしまい、まるで日課をやる
こと自体が必要なことなのかどうか疑問に思えてきます。これを防ぐために、多くの成功者は日課そのものを評価する
システムを作っているのです。これからその具体的な方法について紹介します。

STEP5で決めたやるべき日課に対して、毎日出来たらシールを貼る、ハンコを押す、塗りつぶす、など良いので、好き
なようにチェックをしょう。そして、その日の日課が全てできた時の、ご褒美を作り、全ての項目が週に3、4回以上出来
た時のご褒美も作ります。
ダイエット項目の中で毎日やり遂げたい項目、やりきることが難しい項目に対して、週に4~6回やれたらご褒美を設定
します。ご褒美は物でも、何かがやれるでも、どんなことでも良いです。


~☆ご褒美シート☆~
ご褒美シート【例】
ご褒美シート【記入用】ダウンロードして記入してお使い下さい。

具体的な例は、上のダイエット目標シートに書いておきました。
このようにやることで、日課をやること自体のハードルが低くなり、ダイエットを始めたときのモチベーションを維持することも出来ます。
日課をやり続ければ、数字は勝手に付いてくるのです。わざわざ数字だけに注目して、挫折するよりは、日々の日課に注目して目標
を達成していきましょう。更に、この日課制をパートナーに判定してもらうようにすれば、日課をきちんとやれるようにもなります。

【注意点】
ご褒美にはなるべく食事に関することは入れないことです。
全ての項目が週に4回以上出来たら「お菓子をたっぷり食べられる」としてしまうと、そこからほころびが生まれたりします。
食とはなるべく無関係で、うれしいことを選んでご褒美にしていくことがベストです。

STEP6へ戻る← →STEP8へ進む

PAGETOP