ビタミンD

Share |

カルシウムやリンの吸収を助ける働きがあり、女性に多く見られる骨粗しょう症の予防のためにも十分な摂取が望ましいビタミンです。
紫外線により皮膚で合成することも可能なため、日光に当たる機会が多い人は必要量の約半分をこれで満たせるという特徴もあります。
しかしこのことは逆に言えば、紫外線を遮断する化粧品などを常用している女性の方などはこの機能が働かないため不足しがちになる
ということを意味しています。ただし過剰症に「高カルシウム血症」「腎障害」「軟組織の石灰化障害」などがありますので、許容上限摂取量には注意しましょう。

PAGETOP