ビタミンC

Share |

血液や血管、皮膚、粘膜などを丈夫に保ったり、血中コレステロールを下げたり、しみのもとであるメラニン色素の合成を抑えたり、
ミネラルの吸収を助けたり非常に働き者のビタミンです。肌の「はり」「つや」を保つなどの美容に関係深い成分なので、美容目的
のダイエッターは特に十分な摂取を心がけてください。また、喫煙することでビタミンCの血中濃度が著しく低下します。美容のた
めにダイエットをするのなら、タバコで食欲を紛らわせるようなことは矛盾していますのでやめたほうが賢明でしょう。
1gを摂取しても過剰症はみられないので、許容上限摂取量は策定されていません。

PAGETOP