ホーム » ダイエット情報 » 痩せるための原則 » やせる原則⑤【代謝酵素】

やせる原則⑤【代謝酵素】

Share |

代謝酵素が体内で正常に働く為の条件

やせる原則④で代謝酵素がどのようなものかが解りました。
それでは、代謝酵素が体内で正常に働く為の条件について考えていきましょう。

~☆代謝酵素が体内で正常に働く為の条件☆~
1.血液の循環がよくなるような生活習慣・食生活をする。 2.良い水を十分に飲む。 3.ビタミン、ミネラルを十分にとる。
4.適当な運動、休息、睡眠、深呼吸 5.低体温になるような生活をしない。36.5~37.5℃位に保つ。

ということです。

問題点から解決

それでは、代謝酵素が体内で正常に働く為の条件1~5の中から多くの人に共通な問題点から解決していきましょう。
特に女性に多いのが「体温が低い」=「冷え性」です。体温が低いと代謝酵素を増やしても効果も半減してしまいます。
胃腸の働きが悪くなり、きちんと消化ができず、腸壁に食べ物の残留が残り、痩せにくい体になってしまいます。
まずは、「冷え性」「低体温」を改善し、新陳代謝も一緒に上げていきましょう。

~☆体温を上げるポイント☆~
1.水分は暖かい飲み物で 2.体を温める食材を使った和食を食べる 3.生食で酵素をたくさん食べる
4.野菜サラダを食べ過ぎない 5.良く噛む 6.毎日のストレスを解消する
7.薄着をしない 8.腹式呼吸 9.湯船につかる
10.ストレッチ体操

簡単にポイントを書きました。その中でも、食事に関するものをピックアップしていきます。
①水分については先ほど書いたとおりです。(参照ページはこちら)

②体を温める食材を使った和食を食べる
体を温める食材は、主に根菜類(人参、ゴボウ、れんこん)、かぼちゃ、長ネギ、たまねぎ、山芋、にら、
にんにく、にんにくの芽、ねぎ、赤唐辛子、しょうが、肉類、魚介類、黒ゴマ、黒豆、味噌、醤油、酢、赤ワイン、シナモン、パプリカ
などです。
白菜は、体を冷やしも温めもしない食材です。また体を冷やす食材でも熱を加えると体を冷やす作用は消えます
ので神経質になることはありません。ただ、できるだけ多く体を温める食材を使うように心がけてください。
また、味噌汁は、女性向のメニューです。
大豆に含まれるイソフラボンは、ホルモン代謝を整え、メリハリボディや美肌の強い味方です。
食べるときは、熱々の状態で食べるのが理想的です。いろいろ工夫して楽しみながら料理してくださいね。
体温が低いと認識してない人もいると思うので、自分の平熱が果たして何度なのか、この機会に測ってみるのも良いと思います。
脇の下で測って、36.0℃以下の人は体温が低いと言えます。理想は、36.5℃以上なのです。

③生食で酵素をたくさん食べる
代謝酵素は歳をとるごとに作り出す力が衰えるので、代わりに食物酵素をたくさん摂りましょう。
食物酵素は、基本的に生の食材にたくさん含まれています。
酵素は40度を超える加熱をすると効力が無くなってしまうので、生食がダイエットに良いのです。
刺身や寿司、カルパッチョ、レバサシなどもお勧めです。もうひとつお勧めなのがフルーツです。
特に「日本で取れた果物」を食べてください。南国産のバナナやマンゴー、パパイヤなどは体を冷やします。

④野菜サラダを食べ過ぎない
先ほど、生食は酵素が多いというお話をしました。しかし、サラダは体温を下げるので、食べすぎに注意してください。
体温を上げようと改善している時は、サラダを毎日食べるのはお薦めしません。
しかし外食する時は残すのは失礼なので、サラダがあったら、食事の一番最初に食べてください。
そうすることで、食物酵素が胃にはいり、消化酵素を助けることになり、胃の負担を軽くします。
消化酵素と代謝酵素は兄弟なので、あまった消化酵素は代謝酵素として活動することができます。
普段の食事より代謝酵素が増えることになります。
このように食べる順番を変えるだけで、食事中の代謝をいつもより上げることができます。
注意)サラダを食べても大食いすると、代謝酵素が消化酵素として使われるため、代謝は下がってしまいます。

⑤良く噛む
「満腹中枢が満腹だと認知するのに約20分掛かるため、よく噛んで食べて速度を落とせば食べる量を減らせダイエットになる」
しかし、これだけじゃないんです。この「よく噛む」というのは、他にたくさんの利点があり、ダイエットに限らず健康の基礎になると
言っても過言ではありません。
「よく噛む」ことで、胃の負担が軽くなる⇒消化酵素の消費を減らすことができる⇒余った消化酵素は代謝酵素として働く⇒
代謝酵素が増える⇒エネルギーの生産能力が上昇する。 と、このような関係です。
消化酵素と代謝酵素は兄弟関係なので、消化酵素の消費を少なくすることで代謝酵素を増やすわけです。そして体温も上昇できます。
この他にも「よく噛む」利点は、丈夫な歯をつくる、痴呆防止、アレルギー予防、しわを予防、便秘予防などあります。
たった「よく噛む」という1つだけで、こんなにたくさんの効果をもたらしてくれるんですね。

⑥毎日のストレスを解消する
食事とは、直接関係ありませんが、ストレスについて少し…
ストレスは、想像以上に体に悪影響を与えています。
たとえばカロリーを気にしすぎて食べたいものを我慢すると、それがストレスとなり、ダイエットしているのに痩せないという結果につながります。
なぜなら、美味しいものを食べると「ノルアドレナリン」というホルモンの分泌が盛んになり、脂肪を分解する酵素を活性化させるからです。
さらに、ただ食事するだけでもエネルギー消費していることを知ってますか?
食事で消費されるエネルギー量は100Kcal~200Kcalと言われています。(個人差があります)
美味しく味わって食べることで、さらにエネルギー消費量が高くなります。ダイエットを頑張りすぎるとストレスになり逆効果です。
できれば、毎日のストレスを、その日のうちに解消するようにしましょう。

●簡単にできるストレス解消
ⅰ.笑う。
笑って気分が良くなると全身の血行が良くなって体温があがります。
ⅱ.カラオケ
歌を歌うことで自然と腹式呼吸になり、血行がよくなります。
ⅲ.お風呂
あまり熱くないお風呂に、アロマや塩を使ってゆっくり20分以上入りながら、楽しいことを考たり、歌を歌うでもOK。
ⅳ.趣味に熱中する
上記以外にも、自分にあったストレス解消法を見つけてくださいね。

⑦~⑩はそのままです。気が向いたときにでもやってみてください。

他にも、体温を上げると良いことがあります。

~☆体温を上げると良いこと☆~
1.肩こり、腰痛の改善 2.むくに、ひざ痛の改善 3.頭痛の改善
4.不眠の改善 5.便秘、下痢の改善 6.肌荒れの改善
10.ストレッチ体操

などなど、こんなに多くの症状が改善できます。

痩せるための原則④へ戻る← →痩せるための原則⑥へ進む

PAGETOP