ホーム » ダイエット情報 » 痩せるための原則 » やせる原則④【酵素のおかげ】

やせる原則④【酵素のおかげ】

Share |

酵素を知る

あなたは、若い時よりも、痩せにくくなったと感じませんか?
若い時に比べて、食べる量は減って、暴飲暴食も減ったのに、体重が減らないなんてことありませんか?
これらは「酵素(エンザイム)」が少なくなっているために起こっているのです。
酵素とは、生命体の中で起こる全てのことに関わっている、生命体の命そのものを握っている存在です。

酵素の働き

具体的に肌を例にとって酵素の働きを見てみましょう。まず、肌に必要な栄養素を得るためには食べ物を消化しなければなりません。
その消化にも酵素が必要です。消化した食べ物の栄養素を肌に補給するのにも酵素が必要です。シワ・シミのない肌に保つのも、肌
に弾力と潤いを保たせるのにも、酵素が必要です。くすみや吹き出物の原因となる老廃物を排泄するのにも酵素が必要なのです。
つまり、栄養を吸収し、吸収した栄養素を体内で活用し、いらなくなった細胞や老廃物を体外へ排泄するのも、全て酵素があってはじ
めて行なわれる生命活動なのです。酵素は脂肪になったエネルギーや脂肪に吸着した毒素を血液中に流し、排泄するも無くてはなら
ないのです。酵素は、ダイエットにとても重要な働きをするのです。

酵素量と老化

アメリカの酵素研究の第一人者エドワード・ハウエル博士は生物が一生の間で作り出すことのできる酵素量は決まっていると述べて
います。その酵素を潜在酵素と呼んでいますが、この潜在酵素を使い切った時その生物の寿命が尽きることになるということだそうで、
酵素を生産できる量が決まっているかどうかは今後の研究成果を待たなければなんとも言えませんが、以下のことに説明がつくのです。
若い時よりやせにくくなった正体は、酵素量の減少と言えます。体内に入ってきた毒素の排泄するため酵素量が少なくなります。
体内の活動全てが衰えますので、基礎代謝が少なくなります。これらのことが、エネルギー消費が少ない、脂肪の燃焼しづらい体を作
っているのです。その他にも酵素の量が少なくなると、皮膚細胞の新陳代謝が少なくなり、シワやしみが増え、潤いが無くなってきます。
他にも多くの老化現象が酵素の減少と共に起こっていると言えるのです。そしてこのことは同時に、様々な老化現象を食い止める、若
返りの方法を私たちに教えてくれています。それは酵素消費量を抑え、酵素を温存することです。

酵素を温存

酵素を温存することが体内の生命活動を活発になり若々しい肌を保ち、若い時のようなやせやすい体に戻してくれるのです。
スリムで若い体を手に入れるにはとても重要な酵素を温存するにはどうしたらいいのでしょうか?現代はとても酵素を浪費しやすい社会
です。ストレスを抱えることでも酵素は使われますし、タバコや、大気汚染などの毒素の排泄も酵素を使います。ストレスを失くすことも、
毒素を取り込んでしまうことも、現代社会に生きている以上ある程度は仕方のないことでしょう。そんな現代社会の生活の中で、改善する
ことで、簡単にかつ大量に酵素を温存できることがあります。それが食生活です。現代人は酵素を大量に消費する食生活をしています。
しかし、酵素をほとんど消費しないそんな食生活があるのです。そして、それを実践すれば、酵素の浪費を抑え、若々しい肌、やせやす
い体を手に入れることができるのです。各ダイエット項目でたびたび酵素について触れていきます。そして、酵素を温存する食生活を実践
してもらいますが、その効果は目に見えるほどのものです。ぜひ、酵素の力を体感してみてください。

痩せるための原則③へ戻る← →痩せるための原則⑤へ進む

PAGETOP