ホーム » ダイエット情報 » 即効性ダイエット » フルーツダイエット②【昼・夕食はフルーツか野菜】

フルーツダイエット②【昼・夕食はフルーツか野菜】

Share |

夕食の後は?

夕食と昼食どちらで豪華な食事を食べていますか?
多くの人は夕食時、朝・昼食より多くの量を食べ、太る原因になるお肉や魚、お米を食べる量も必然的に多くなり、その事が人を
肥満にさせる原因になっています。お米の量が増えれば、その分脂肪になる要素を体にいれることになります。
夕食後、運動などをしないのであれば、ほとんどエネルギーを消費しないまま寝ることになります。
さらに夜は昼間よりも糖を脂肪に変える酵素が増えますので、夕食時に炭水化物類をたくさん摂ることは脂肪生成に大きく関係し
ています。

午後8時から午前4時までは、昼間吸収した栄養素をそれぞれの細胞内・器官で活用する時間帯になります。

この時間帯に消化の負荷の高いタンパク質を食べたり、タンパク質と炭水化物を合わせて食事をしてしまうと、細胞の隅々まで栄
養が行き渡らなかったり、せっかく摂った栄養を体の中で十分に使うことができなかったりします。栄養を体の中で活用すれば当
然老廃物や毒素も作られます。その老廃物や毒素を細胞外に出すのも消化という負荷がかかりすぎると十分に行なうことができません。
夜8時以降に炭水化物やタンパク質を摂ると、就寝する前に消化が終わらない可能性も高いので、消化不良になりやすくなります。
居酒屋で深夜まで食事をしたら、翌朝胃がもたれていますよね。消化不良になれば、腸内が腐敗し、腸が荒れることで、毒素が体内へ入っていき、それが脂肪に吸着し、太るという循環が出来上がってしまいます。

どうしたらよいの?

体重維持なら昼・夜2食お米を食べていても簡単に出来ますが、早めに結果を出す、効果的に体重を減らしていくには夕食以降はフル
ーツ、ナッツ類、野菜・山菜・海草の「サラダ・スープ、炒め物」を食べるようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

□ 夜8時以降食べるものは1 番良いのはフルーツだけ食べること
□ フルーツで満たされなければ、サラダを食べても良い
□ どうしてももうちょっとお腹を満たしたい時は、炭水化物やタンパク質の入っていないおかずやスープを食べるのも良い
□ お腹が空く時はお水をいっぱい飲むことも効果があり!

即効性ダイエットへ

PAGETOP